テーブルコーディネート・食卓のしつらいは季節や場所・集う人々によって変化します。その背景には、それぞれのもつ歴史や物語・さらには器が語る背景があります。テーブルコーディネートとは静かに耳をかたむけることなのです。

HOME > 事業内容(テーブルコーディネート)

事業内容メニュー

  • テーブル コーディネート
  • アートプログラム プロデュース
  • 伝統工芸 プロデュース
  • インテリア

事業内容

テーブルコーディネート
テーブルコーディネート イメージ

テーブルコーディネート・食卓のしつらいは、暮らしのなかで大きな役割を担っています。
日々の営み、季節の移ろいなど、食材と共に器によって表現することができます。
器のもつ歴史やデザインは勿論のこと、文様や色などを考え組み合わせていきます。

基本コンセプトは、ホスピタリティ&グローバリゼーション。
インターナショナルな視点から新しいスタイルやデザインを考え、時代や地域に合った、
食卓の演出を器の開発や什器・備品の提供などトータルに提案いたします。
ホテル・レストランをはじめ料亭・旅館などの新しい食卓の演出やしつらいの工夫など、
テーマにあったプランを演出いたします。

木村ふみ 著書紹介

掬 木村ふみの仕事
  • タイトル: 掬 木村ふみの仕事
  • 価格  : 3,990円(本体3,800円)
  • 書籍コード: ISBN978-4-903341-07-1
  • 発行  : grambooks
  • 装幀  : 粟辻デザイン
  • 発売日 : 2009/05/05

コーディネートの原点は、その物の持つ力 を見い出すことにあります。
瞬時に手を掬ぶように決まることもあれば、 逡巡を繰り返し、ようやくめぐり合えるこ ともあります。
「掬ぶ」ことは互いに響きあうものだけが 知る醍醐味なのです。

 PAGE TOP